便利な株主優待券を使ってみよう!

- JALの株主優待券で予約をしてみよう

JALの株主優待券で予約をしてみよう

JALの株主優待割引を利用したい。
例えば、券を使って飛行機に搭乗したいときなどの流れについてお話して行きたいと思います。
特に、ホームページでの予約に戸惑う方が多いようです。

先ずは。公式ホームページにアクセスしてください。
空席照会を行うとそこに「株式割引」という欄がありますのでそちらを選択しましょう。
搭乗日時などによっては、料金が異なってきますのでそれと同時に割引率というものも変動しますのでご注意ください。
そして、選択するだけでは登録完了とはなりません。
「株主割引発券用コード」というものが割引券そのものに記載されているかと思いますのでそちらを登録する作業が必要になります。
なお、登録ボタンがホームページにはありますのでわかりやすいかと思います。
この際、必ず株主優待券の期日というものを確認しておきましょう。
期日が過ぎたものですと株主優待番号ご案内書のコード入力をしても利用できない仕組みになっています。
なお、実費で支払う分に関しては以下のような振込み方法があります。
クレジットカード・e JALポイント・コンビニエンスストア・インターネット振込み・銀行ATM振込み。
こちらから自分自身で良いとおもうものを選択してください。
これで搭乗が行えます。
搭乗の際には株主割引券の回収作業と言うものはありませんので、自分自身で破棄する形になります。
万が一、予定が変ったなどで払い戻す場合はどうなのでしょうか。
払い戻しの際は、株主割引券が期間内で購入している航空券も払い戻し期間内にあるということが条件になります。
この際、株主割引代替券発券コードを表示します。
このコードが有効期限無いであれば、発見用コードと同じように利用できます。
取り消し完了画面や変更完了画面において「株主割引代替券発券コードを確認する」という欄が出てくるかと思いますのでそちらより確認をしてください。
コンビニエンスストア支払やインターネット振込み・銀行振り込みにて航空券を購入したという場合においては、株主割引代替券の発行はすぐにできません。
最長確認に1日が必要とされますので、公式ホームページの「購入履歴」などを確認しておくと良いでしょう。
コードの確認などは、1年まで遡ってホームページで確認をすることが出来ますので安心です。
仮に有効期限が切れていても表示されますので履歴を見たいときにも便利でしょう。
未使用なのか使用したものなのかが不明だという場合ですと、直接案内窓口まで問い合わせをしましょう。

更新情報